ホワイトボードにはオーディションは芸能界の登竜門であることが説明されていた

歌や漫才、演劇などの世界に憧れている人は多いです。
芸能界は実力の世界ですので、秀でた才能を持ってさえいれば、
華々しく世に出ることが可能なのです。
学歴や資格は全く問われません。
観衆を楽しませる能力さえ持っていれば、それで生きていける世界なのです。
芸能界を志望している人が本当に力を持っているかどうかを判定する場として、
オーディションが用意されています。
確かに、芸能事務所のホワイトボードを見ますと、
そこには、オーディションが芸能界の登竜門であると明確に記されていたのです。
これは決して大げさな話でも何でもありません。
厳然たる事実がホワイトボードに書かれていたに過ぎないのです。
まさに、オーディションは憧れの世界への登竜門です。

Posted in 日記 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です