包茎手術は、必ずしも100%成功するものではありません。
特に起こりやすいのが術後の異変で、一見キレイに成功したように見えても数日後に何かしらのトラブルが発生することもあります。
このことからせっかく意を決して包茎手術を受けたにも関わらず、結果的に後悔する人が一定数いるのです。
ではその後悔する事例とは一体どういうものなのか、これからお話しをしていきます。
もちろん誰にでも遭遇するものではないため、あくまでも可能性の話として捉えてください。
これから包茎手術を受けようか悩んでいる人は、特に確認しておくことをおすすめします。

ツートンカラー化は最も知られた後悔話

包茎手術に関する後悔で最も多いのが、ツートンカラーです。
これは術後に包皮の色むらが起こることを指し、見た目にもハッキリと色の変化が見て取れるようになります。
何故このようなことが起こるのかと言うと、包茎手術で包皮の一部を切り取った際、それまで包皮に隠れていた肌色の部分と、元々外部に接して茶色くなっている部分を縫い合わせたことで色むらが出てしまうのです。
茶色い部分は色素沈着をしている色なので、ある程度その濃淡には個人差があります。
ただ大半の人が濃い茶色の状態になっており、どうしても肌色の部分との差は目立ってしまいます。
せっかく見た目の改善のために包茎手術を受けたのに、受けた後に別の見た目の問題が生まれるという、包茎手術では典型的な後悔のパターンです。
ですが排尿や性行為といった機能面には、ツートンカラーは全く問題がありません。
衛生面で良くないなどのデメリットもありませんし、最初から機能改善を目的に包茎手術を受けたのであれば後悔することはあまりないでしょう。
加えてどういう手術法を採用するかでも、ツートンカラーになるリスクが上下します。
予めクリニックで相談をしておけば、そうなりにくい手術法を採用してもらえるかもしれません。

感度の低下や遅漏もよくある後悔

包茎手術を受ける際、リッジバンドと呼ばれる性感帯が集中した部分を切ることがあります。
そしてこれを行うと起こるのが、感度の低下や遅漏といった現象です。
程度は人によって変わりますが、多くの人が性行為や自慰で感じにくくなったとハッキリ判ります。
また早漏だった人が驚くほど遅漏になり、逆にコンプレックスになってしまう例も少なくありません。
見た目による悩みを解消できても、こうなることで新たな性の悩みを抱えてしまう可能性があるということです。
感度が落ちると、性的接触の楽しみや興味も薄れてしまいます。
性欲はあるけれど感じられないという状態から、包茎で悩んでいたとき以上の後悔を抱く人もいるのです。
とはいえこの現象になるのは、亀頭直下法という手術を行ったときがほとんどです。
この手術法は亀頭からギリギリのところで切除をするため、近くにあるリッジバンドも切ってしまいます。
別の手術法ならここまでの感度の低下はまず起きませんし、後悔したくない人は亀頭直下法の選択は避けるのがおすすめです。
もし早漏改善の目的も兼ねるようなら、念のため医師に相談をしてください。
不感症になれば本末転倒ですし、リスクマネージメントは必須です。

陰茎の変形による後悔にも要注意

包茎手術を受けた際、術後の腫れがなかなか引かないことがあります。
この腫れ方にはいくつかの種類があるのですが、その形からペリカン変形や提灯変形と呼ばれることが多いです。
こうなると修正手術を受ける可能性が高くなり、見た目や違和感から後悔の念を抱く人も沢山います。
主な要因は亀頭のすぐ下で包皮を切除することで、そもそもの包茎の原因となっていた狭い部分が残ってしまうことで起こります。
狭い部分が残るとリンパの流れが悪くなり、狭い部分を境にその先が腫れるのです。
見た目的にもかなりインパクトがあるため、何も知らずこの状態になると大きな不安を抱えることでしょう。
ですが時間の経過や再手術により、これらの変形は改善させられます。
時間経過については数ヶ月単位で掛かることがありますが、もし待てるなら修正手術の費用を浮かせられ、予期せぬ出費をせずに済みます。
加えて陰茎が変形するリスクが最も高いのは、先にも挙げた亀頭直下法による包茎手術です。
感度の低下などと同様にこの手術法を避けるようにすれば、変形による後悔をするリスクも下げられます。
遭遇率の高い後悔でもありますし、仮に実際に起きたとしても慌てず医師に診てもらえば安心できるはずです。

まとめ

包茎手術による後悔は、基本的に誰にでも起こる可能性があると思っておいてください。
種類によっては深刻なものもありますが、似たような症例も多く存在するおかげで対策法が確立されています。
失敗や後悔と聞くと非常にネガティブに聞こえてしまうものの、機能面ではほぼ影響が出ないものばかりなのです。
ですから排尿や性行為といった日常の習慣の中でストレスを感じている人は、ある程度のことは承知で包茎手術を受けることをおすすめします。
これらの現象とであっても、焦らず包茎手術を受けたクリニックを訪ねてください。
アフターサポートに長けたクリニックなら、急な症状にも万全の状態で対応してくれるでしょう。